CDスタッドボルト雄ネジストレートタイプなら東和鋲螺株式会社にご依頼ください。 お値段では負けません。

CDスタッドボルト雄ねじ
ストレートタイプ

CDスタッドボルト雄ネジ
ストレートタイプとは

CD方式で溶接するスタッドは、アークを発生させるチップが
形成されており、フラックス等の溶剤を全く使わずに
溶接することができます。
ねじにはストレートタイプとフランジタイプが存在し、
ストレートタイプは頭部座面がないまっすぐな形状をしているのが
特徴です。

溶接原理

その溶接原理は、アーク溶接と抵抗溶接の技術を
複合させたもので、専用ガンを用いて行います。
溶接時間も3/1000~6/1000秒と大変短く、
瞬間的にスタッド先端のチップを中心に溶接が完成します。

熱影響

母材への溶接熱の影響が極めて微小なので、
薄い母材および塗装で仕上げた母材の裏面にも
溶接することができます。
溶接作業も簡単で、所定のセッティングを行った後に
専用ガンのトリガーを引くと、溶接が完了します。
溶接の資格や経験も必要ありません。

耐性

ボルトが捻じ切れるほどの強い圧力をかけても、
溶接面がはがれてしまうことはなく、完全に固着します。

試験報告書

下記は東和鋲螺株式会社のCDスタッドボルトを、一般財団法人・科学研究評価機構・高分子試験・評価センターでその強度試験に係る試験結果報告書です。

安全データシート(ROHS2 (SDS))ローズ

東和鋲螺株式会社の製作するCDスタッドボルトには危険有害性が認められないため、安心してご利用頂けます。 下記は各種調査結果に係る書類です。

東和鋲螺株式会社のCDスタッドボルト雄ネジ
ストレートタイプについて

低コスト特殊圧造による一工程で作業を終わらせることが
できるため他社には真似のできないコストダウンが可能です

本来、CDスタッドボルト雄ネジのストレートタイプは フランジタイプの物に比べるとトリーミング工程を必要とするため、 コストも納期も増幅します。 それまでは別商品の開発を行っていた弊社でしたが、 お客様からのご依頼をきっかけに、弊社でCDスタッドボルト雄ネジ ストレートタイプの研究が始まりました。  そして、長年の研究の末に、圧造工程において、低コストでの トリーミングを行う独自の技術を完成させました。

その結果、本来、圧造と切削トリーミングの二工程がかかるところを 一工程で作業を終わらせることができ、他社には真似のできない 大幅なコストダウンと短納期が可能となり、お客様からも お喜び頂いております。 この技術を真似することは、大変難しく限られた人間にしか 実現することはできません。

「切削トリーミングを行わないなら、製品不良は起こさないだろうか?」と 不安になるお客様もいらっしゃるかもしれませんが、弊社では一品一品、 丁寧に万全の体制チェックを欠かさず行っており、 絶対にあってはならない不良品ゼロ、混入・欠品ゼロを目標に日々、 細心の注意で作業を行っております。 その後、ねじの素材(ねじ下)を転造ダイスという工具に挟み転がして、 強い力を加えて、ねじ山をもみ上げて作ります。